HIFU ウルトラセルQ+

HIFU(ハイフ)とは?

HIFUってどんな治療?

皮下組織に熱を加えることで、様々な美容効果が得られます。
ですが、直接皮膚から皮下組織に熱を加えようとすると、表面の皮膚はやけどしてしまいます。

HIFUとは『高密度焦点式超音波』の略です。超音波を一定の深さに集中させて、狙ったポイントで熱を発生させる機器です。
HIFUでは皮膚は熱くならないので、安全に美容効果を発揮することができます。

HIFUの効果(1)たるみの改善

皮膚の下には皮下組織(皮下脂肪)があり、その下には表情を作る筋肉があります。
筋肉の表面の筋膜(SMAS)に熱を加えることで、たるんだ膜がギュッと引き締まり、たるみの改善が得られます。

フェイスリフト(切るリフトアップ)では、SMASを直接縫い縮めることでリフトアップ効果を出します。
HIFUによるリフトアップ効果は、フェイスリフトと同じ原理なのです。

HIFUの効果(2)コラーゲン産生

たるみの改善はSMAS、すなわち深い層に熱を加えることで得られる効果です。
真皮を含む浅い層に熱を加えると、コラーゲン線維が収縮することでお肌が引き締まり、お肌のハリ・ツヤの改善、小ジワの改善といった効果が得られます。
さらに熱による刺激で線維芽細胞が活性化し、コラーゲンが新たにつくられ始めます。このコラーゲン産生は最長で6カ月続くので、長期的な効果も期待できます。

ウルトラセルQ+ってどんな機械?

医療用HIFUには様々な機械があり、それぞれ特徴があります。
当院で取り扱う「ウルトラセルQ+」は、国内の医療用HIFUの中で最も高いシェアを誇ります(※2021年10月現在)

照射部のカートリッジを交換することで、加熱する深さが変わり、得られる効果も変わります。

1.5mm / 2.0mm 表皮深層~真皮 コラーゲン生成によるハリ・ツヤ・小じわ改善
3.0mm 真皮深層~皮下脂肪 タイトニング、脂肪溶解
4.5mm 皮下脂肪~SMAS たるみ改善、リフトアップ

【ウルトラセルQ+】ポイント1. 痛みが少ない

古くから用いられる医療用HIFUとして、ウルセラという機器があります。「とても痛いけど良く効く」と評判ですが、痛すぎて続けられない、という声もよく耳にします。

超音波により発生する熱の温度が必要以上に高すぎると、強い痛みが生じます。
ウルトラセルQ+は、タンパク変性が起こり始める60度をやや上回る63度という温度で安定して照射できるので、余計な痛み感じさせることなく、しっかりと効果を出してくれます。

【ウルトラセルQ+】ポイント2. スピード

機器の改善に伴い、ウルトラセルQ+は初代ウルトラセルと比べ、照射時間は1/3程度まで短縮されています。
お顔全体の3層(深層・中層・浅層:約520ショット)の照射に要する時間は、30分ほどになりました。

【ウルトラセルQ+】ポイント3. 目周りの施術

HIFUの機器には、目周りの施術ができる機器とできない機器があります。

ウルトラセルQ+は、目周りの施術が可能です。
目周り専用のカートリッジは、通常のものに比べて先端を極限まで小さくしているので、目などの照射してはいけない構造物を確実に避けつつ、細かいところまで安全に照射を行えます。

目もとのたるみや小じわ感が気になる方は、ぜひお試しください。

【ウルトラセルQ+】ポイント4. 脂肪溶解

ウルトラセルQ+の新たな照射法である「リニアファーム」は、脂肪溶解専用のHIFUとして開発されたものです。

一般的なHIFUが点で加熱するのに対し、リニアファームは面で加熱します。1ショットあたりの加熱面積は4.5倍となり、広範囲の脂肪に効果を発揮します。

また、加熱温度を通常のHIFUに比べやや低い58度に設定することで、脂肪細胞だけを治療のターゲットとしました。
タンパク変性を起こさないので、通常のHIFUが3~6カ月間隔を開ける必要があるのに対し、リニアファームは最短2週間に1回という短期間で施術を繰り返すことが可能です。

こんな方にオススメ

  • たるみを改善したい
  • 肌にハリ・ツヤを出したい
  • 目もとのたるみ・小じわが気になる
  • エステのHIFUは効果がなかった
  • 頬下・あご下のボリュームが気になる
  • 痛みが少ない施術を受けたい

当院の治療

※ショット数は目安です。照射面積の個人差により前後することがあります。

全顔

スタンダード(深層 260shot): ¥20,900
プレミアム(深+浅 520shot): ¥33,000

全顔プレミアム+あご下

620shot: ¥38,500

全顔プレミアム+あご下+首

740shot: ¥45,100

目周り

220shot: ¥19,800

300shot: ¥24,200

あご下

100shot: ¥13,200

頬 + あご下

400shot: ¥29,700

120shot: ¥14,300

脂肪溶解

HIFU脂肪溶解 頬 (130shot)

1回: ¥16,500
3回: ¥41,800

HIFU脂肪溶解 あご下 (140shot)

1回: ¥16,500
3回: ¥41,800

HIFU脂肪溶解 頬+あご下 (270shot)

1回: ¥25,300
3回: ¥63,800

※ショット数は目安です。照射面積の個人差により前後することがあります。


症例写真

治療の流れ

01

カウンセリング

お客様のお悩みとご希望をお伺いし、お肌の状態や骨格、ご予算等をふまえ、最適なプランをご提案いたします。

お見積もりをお渡ししますので、お持ち帰りの上十分にご検討ください。

当日の施術をご希望であれば、このままご契約にお進みいただけます。

02

ご契約

いくつか書類をご記入いただきます。
未成年の方は親権者様の同意書が必要になります

<未成年の方へ>

03

お会計

自由診療では施術前のお会計をお願いしております。

<お支払い方法>

04

メイクオフ

パウダールームにご案内いたします。施術部位のメイクを落としていただきます。

05

写真撮影

施術前の記録として、写真を撮影いたします。

06

施術

お顔にジェルを伸ばし、照射を進めていきます。
施術時間は20分~30分程度です。リラックスしてお過ごしください。

07

状態の確認

施術終了後にお鏡をお渡しします。気になるところがないかご確認ください。

08

術後説明

施術後の過ごし方やお手入れの方法について説明します。

09

写真撮影

施術後の記録として写真を撮影する場合がございます。

10

メイク

ご希望の方はパウダールームをご利用ください。

11

通院

施術後の通院は不要です。
心配なこと、気になることがありましたら、ご予約の上ご来院ください。

12

アフターケア

術後の経過についてご不安やご不明点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

施術後の過ごし方

洗顔・スキンケア

直後から可能です。

冷却

HIFUで熱を加えることで、皮膚の下では炎症が起こっています。この炎症により修復のメカニズムが働き、たるみや肌質の改善効果が発揮されます。
施術直後の冷却は、せっかくHIFUで起こした炎症効果を鎮静化してしまう方向にはたらきます。
HIFUのあとの冷却は必要ありません。

入浴

当日からご入浴いただけます。
腫れ・むくみが生じないよう、当日の長湯は避けてください。
翌日以降は制限はありません。

メイク

直後から可能です。

運動・温泉

翌日から可能です。

飲酒

翌日から可能です。

お肌の摩擦を防ぐため、施術から1週間ほどはマッサージを控えてください。

お顔のマッサージ

HIFU ダウンタイム・リスクなど

起こりやすい
痛み

チクチク感を感じることがあります。
神経や骨膜の近くに超音波が当たると、鈍痛が生じることがあります。
施術後に筋肉痛のような鈍い痛みが生じることがありますが、通常長くても1~2週で落ち着きます。

赤み

照射部位に赤みが出ることがあります。通常数時間で落ち着きます。

極めてまれ
神経損傷

お顔の皮下深くを走る神経が熱で損傷を受けると、お顔の皮膚の感覚が鈍くなったり、筋肉の動きが弱まる可能性があります。
照射の際には神経の走行を考慮しますので、神経損傷が起こることは極めてまれですが、異常を感じた場合にはお早めにお伝えください。

やけど

器械の先端が皮膚から浮いた状態で照射を行うと、皮膚の表面に熱が発生して、やけどが起こる可能性があります。
やけどにより、赤みが続いたり、色素沈着が生じることがあります。

院長からのコメント

お手軽リフトアップ!

たるみの改善を希望されるお客様に対して、当院では
1)HIFU
2)スレッドリフト
3)切開リフト
の順におすすめします。下に進むにつれダウンタイムは大きくなりますが、リフトアップ効果は飛躍的に向上します。

まずは定期的にHIFUを受けてみて、もっと効果を出したい場合には、スレッドリフトや切開リフトをご検討いただくのも、選択肢のひとつかと思います。

HIFU お悩みQ&A

HIFUは誰でも受けられますか?
皮下・顔面骨表面に金属プレートや金の糸などがある方、 ペースメーカーを埋め込んでいる方、妊娠中の方・妊娠の可能性のある方、重度の皮膚疾患、ケロイド体質の方、ヘルペス感染症、高度のアトピー性皮膚炎、 日焼けで炎症のある方、出血性疾患、抗凝固剤内服中、ヒアルロン酸やボトックスの注射から間もない方は、当院ではIPLの施術を行うことができません。
その他医師の判断により施術が行えない場合がございます。
HIFUはどれくらいの間隔で受けられますか?
深層に効かせるものは通常6カ月以上(最短で3カ月以上)、浅層のみに効かせるものは1か月以上、間を開ける必要があります。
脂肪溶解(リニアファーム)は当院では最短2週間間隔での施術が可能です。
痛みますか?

ウルトラセルQ+によるHIFUは、精密な温度管理により、高い効果を出しつつ痛みを最小限に抑えます。
施術中は多少チクチクしたり、神経や骨膜が近い場所では鈍痛が生じることがありますが、楽に施術を受けていただけます。
痛みで施術を断念されたかたは今のところいらっしゃいません。

ダウンタイムが心配です

ウルトラセルQ+によるHIFUは、表から見てわかるダウンタイムがほとんどないことが特徴です。
直後に赤みが生じることがありますが、通常数時間で消失します。

先日顔のヒアルロン酸注射を受けました。HIFUを受けられますか?

ヒアルロン酸注射を受けられた部位にHIFUを行う場合は、当院では1か月以上間隔を開けることを原則としています。
その他、スレッドリフトは1か月、ボトックス・脂肪溶解注射、IPLは2週間以上間隔をあけてから、HIFUを行います。

会員制度のご紹介

フェイス美容外科では、施術でポイントがたまるおトクな会員制度をご用意しています。
施術を受けられる際は、ぜひご入会をご検討ください。

<フェイス美容外科 ポイント会員制度について>

関連施術

アクセス

宮城県仙台市青葉区中央3-1-3 aune仙台2F
JR「仙台」駅 西口より徒歩5分
地下鉄「仙台」駅 中央2出口より徒歩1分

Copyright (C) フェイス美容外科 All Rights Reserved.