フェイス美容外科で取り扱う麻酔について

フェイス美容外科では、施術中のストレスを可能な限り軽減できるよう、いろいろなタイプの麻酔をご用意しています。
心配な方はぜひご相談ください。
痛みに弱い院長が、親身に対応いたします。

局所麻酔

注射した部分の痛みを取り除く、手術で一般的に使われる麻酔です。
注射の際に若干の痛みを伴います。

通常使用するキシロカインと、麻酔の効果がより長時間持続するアナペイン(オプション)があります。

ブロック麻酔

太い神経の根元を狙って麻酔薬を注射することで、少量で広い範囲に麻酔をかけることができます。
ブロック麻酔は頬や鼻、おでこなど、適用できる場所が限られています。
ブロック麻酔が有用な施術を行う際に、こちらから提案させていただきます。

表面麻酔

表面麻酔には塗るタイプ(エムラクリームなど)と貼るタイプ(ペンレステープなど)があります。
局所麻酔と異なり、麻酔に痛みを伴わないことがメリットです。
局所麻酔やヒアルロン酸、ボトックス、レーザーなどの注射の痛みを和らげるのに役立ちます。
効果は皮膚の表面に限定されるので、皮膚を切開したりする場合ですと、表面麻酔だけでは効果は不十分です。

表面麻酔(テープ)1枚 ¥330
表面麻酔(クリーム)
10 x 10cm
¥3,300

点眼麻酔

目の周りの施術を行う際に使用する、目薬タイプの麻酔薬です。
施術中の目のゴロゴロ感を緩和することができます。

点眼麻酔 ¥0
※施術料金に含まれます

笑気麻酔

鼻や口から吸入するタイプの麻酔薬です。

ボーっとした感じになり、痛みを緩和するとともに、不安な気持ちを和らげる効果があります。

笑気麻酔 ¥3,300

静脈麻酔

点滴で投与するタイプの麻酔薬です。
鎮痛効果の高い薬剤と、鎮静効果(眠くなる作用)の高い薬剤の2種類を併用することで、より楽に施術を受けていただけます。

鼻の施術や脂肪吸引など、施術に長時間を要するものや、負担の大きな施術を受ける際にオススメの麻酔です。

静脈麻酔 ¥33,000

アクセス

宮城県仙台市青葉区中央3-1-3 aune仙台2F
JR「仙台」駅 西口より徒歩5分
地下鉄「仙台」駅 中央2出口より徒歩1分

Copyright (C) フェイス美容外科 All Rights Reserved.